耳つぼで身体のバランスと整え、自然治癒力を高める!

耳つぼで身体のバランスと整え、自然治癒力を高める!

「耳つぼって本当に効果ある?」
イベントで施術をしていると、聞かれることも多いです。
半信半疑なのは、
現代の医療は西洋医学が根付いることがひとつの原因かなと思います。

耳つぼは、東洋医学。
『予防医学』ともいわれています。

東洋医学と西洋医学の違い

病気になると診察を受けて薬や手術などで、病気の原因を排除します。
人の身体をさまざまな器官の集合と考え、
その病気の原因になっている器官を見つけ治療をする。
それが西洋医学の基本です。

それに対し、
東洋医学は人の身体全体を1つのものとして考えます。
原因そのものを治療するのではなく、身体全体の調子を整えいく。
人の身体に起きていることは、全て関連があるという考え方です。
なので、身体の不調は心の状態にも関わっているというのが大きな特徴ではないでしょうか。

東洋医学の得意分野とは

それぞれの医学には得意分野があります。
手術が必要な病気やケガが西洋医学の得意とする代表です。

東洋医学は「原因がハッキリしない不調」、
つまり未病といわれる状態から治療を行なうことを得意としています。

ちょっとしためまいや微熱、肩こり、疲れがとれない、ダルいなど
病院に行くほどではないと感じる不調や、
検査を受けても数値に表れるほどではなく異常が見つからない時。

この状態を「未病」といいますが、
この早い段階で不調を改善していくことが可能であり目的としています。
9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

バランスのくずれが病気をまねく

東洋医学では、バランスのくずれが病気をまねくと考えています。
健康の秘訣は、「気・血・水」のバランス。

身体を構成する基本要素、
身体をめぐるエネルギー「気」は、生命活動の源。
全身に栄養を運ぶ「血」。
身体をうるおす「水」。

正常な量と力、それを維持しているのが健康な状態です。
そのどれが多くても欠けても、バランスをくずし病気の原因となります。

足りないものは補って、過剰なものは排除していく。
心身を健康的に保つのは、しっかり「バランス」を整えることが大事なのです。

耳つぼは予防医学

「耳つぼで〇〇は治りますか?」という言葉をたまに聞きますが、
それは本来の目的とは違うかなと思います。

『未病先防(みびょうせんぼう)』
病気が本格的に発症する前に対処をしていくことはもちろんのこと、
それ以前に病気の原因をつくらないように体質の改善を行なっていきます。

くずれてしまったバランスを元に戻す。
正常な状態に導くことで不調を治すというのが重要です。
悪い体質は改善を行なう、
そのうえで、耳つぼは一役買ってくれるのではないかと思います。

人には「自然治癒力」が備わっています。
体が持っている自然の力を最大限に使えるように、体をつくっていきたいですね!
4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s

最終更新日:2016/10/10

COMMENT ON FACEBOOK