現代病「VDT症候群」とは?

現代病「VDT症候群」とは?

「VDT症候群」と呼ばれる現代病をご存じですか?

つい遅くまでテレビを見たり、
インターネットをしたり・・
最近ではスマホを長時間見ているなんて方もとても多いと思います。

VDTとはVisual Display Terminal(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)の略で、
VDT症候群とは
これらを長時間使用したことが原因による心身の不調のことをいいます。

身体的には、
眼精疲労や視力の低下、
充血にドライアイなどの眼の症状、
さらに肩こりや首の痛み、
腰痛などの筋骨格系の症状、
また頭痛やめまいを伴うこともあります。

耳をさわると、
慢性的な肩こり、首こり、眼精疲労というのは顕著によくわかります。
耳をさわってほぐし血行を良くしてあげることもおすすめですし、
耳の後方にはそのVDT症候群に予防・改善におすすめのつぼもあります。

私自身もスマホやパソコンに向かっている時間も長いので、
愛用している『earhook』。

これはその耳の後方にあるつぼを刺激する、
医師が開発した耳にかけておくだけで耳つぼが刺激できるリラクゼーショングッズです。
beautear16_063001
耳ヨガや耳つぼグッズなど多くの耳つぼ関連商品を耳にするようになり、
今まで知らなかった方も
実は耳つぼってすごいのでは・・?
とさまざまなところで感じるようになったのではないでしょうか?

近年スマートフォンの利用者が増えたことで、
今後さらにVDT症候群が増え続けると予想されます。

日々の予防と対策が必要です。
ぜひ耳からの予防対策、試してみてくださいね!

※earhookはこちらでご購入頂けます。
 ⇒オンラインショップ

COMMENT ON FACEBOOK